そばをたべるならとろろそばがオススメ

そばはたんぱく質が多く、高品質なことで有名です。タンパク質の品質でいえば米よりも高いとさえ言われています。

タンパク質の品質は、人間の体にいいアミノ酸の含有量で決定されます。これはアミノ酸スコアなどと呼ばれています。そばはアミノ酸スコアが高いため、小麦粉やコメよりも理想的なたんぱく源といえるでしょう。

なので、理想としてはそば粉100%のものを食べるのがよいでしょう。しかし、市販だとどうしても小麦粉が含まれているのでアミノ酸スコアは多少落ちます。

そばにはタンパク質だけでなく、ビタミン類やルチンなどのポリフェノールが豊富に含まれています。とくにルチンは決戦を防ぎ血流を促す作用があるとされており、中高年以降の成人病が気になる世代にありがたい栄養成分と言えます。

女性にとてもルチンは効果的です。ビタミンCの吸収をサポートするため、コラーゲンを体内で合成する力を強めてくれるのです。

そばとビタミンCは同時に摂取すると肌のハリが回復していきます。男性に好まれる傾向の強いそばですが、どちらかというと女性向けの料理なのです。

注意すべきなのは、天ぷらそばなどの高カロリーな具がセットになることが多いことです。なので、そばを食べるなら「とろろそば」がおすすめです。とろろにはでんぷん分解作用のある酵素が多く含まれており、ダイエットなどに効果的なほか、胃腸の弱い人にとっても吸収がいいので食べやすいです。そばのたんぱく質と相性のいい食材といっていいでしょう。しかも滋養強壮効果も高いです。

とろろそばと一緒に卵料理などを食べ、ビタミンCとして果物を摂るようにすれば栄養バランスとしては最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>