ランチの重要性を科学する

食生活においてランチは重要です。午後からの仕事に影響するほか、どういったものを食べるのかも悩みます。

ランチによく食べられるのが丼ものです。しかし、健康生活を維持するためには、丼ものはあまりよくありません。

というのも、ラーメンや丼もの、カレーライスなどの一皿で済んでしまうものは、すぐに食べ終わってしまいます。時間のない昼食時には好まれていますが、健康面ではイマイチなのです。どうしても満腹感が来る前に食べ終えてしまうため、食べ過ぎにつながりやすいのです。

そして、カロリーが高い以外にも、野菜などが少なく栄養バランスが崩れてしまい、なおかつ血糖値が上がりやすい面にも気をつけたいところです。インスリンが無駄遣いされてしまいます。

オムライス、カレーライス、アイスクリーム、サンドイッチ、焼きそば、ハムエッグ、餃子、トーストなどは、頭文字をとって「おかあさんやすめ」などと言われる料理です。子供が好きな傾向があるもので、冷凍食品なども多く出回っているためすぐにできあがります。

時おりこういった料理を食べるのはよいのですが、毎日だと困りものです。体のなかの脂肪分が増えていくため、心筋梗塞などの成人病につながってしまいます。昼食にしっかりと気を使うことで、日々の健康においては大きな差となってしまいます。

どうすればいいかを具体的に言うと、「定食」がおすすめです。しかもメインのおかずは魚のものが望ましいです。そうすれば、付け合せの野菜や煮物、味噌汁などを食べることで、あとはご飯を少な目にすればまんべんなく栄養素をとることができます。

最近はボリューム多めの定食がおおいので、そういったものを避けるのも注意したほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>