時代を感じるレシピブック

今から20年ほど昔の料理本を発見したのですが、今とは大分違いますね。今の料理本のほとんどは、「ヘルシー」「節約」「時短」などの言葉が必ず入っており
手軽に美味しく、しかも体にも良いというレシピが多いです。しかし、私が発見した20年前の料理本はすごいです。豪華です。必ずと言っていいほど、オードブルの作り方が載ってます。
分量も6人前からが多く、基本的にパーティー料理です。別にパーティー料理を扱った本ではなく、ただの家庭料理のレシピブックのはずなのに…なぜ?
お母さんにオードブルなんて作ってもらったことないわ!と突っ込みながらも、作り方を眺めていると「40分煮込みます」「1時間コトコト煮込みます」と、近年ではあまり見ない時間の長さ。じっくり煮込んだりグリルする料理が多いので、手間暇がかなりかかりそうですがどれも美味しそうでした。

一方で弟の話なのですが、新車を買いたいから値引き方法を教えてくれと言われました。そこで自分が買うときに行ったエスティマの値引きテクニック情報を教えてあげましたが、なんとか納得の行く値引きができたようでよかったです。

全体的に豪華で量も多いので、バブルという時代をひしひしと感じる一冊でした。
夏休みに会社から一週間お休みをいただけるので、どこか遠出をしようと考えてみました。
遠出と言うことで、東京発で沖縄と北海道で比較した結果、北海道にしようと言うことになりました。最初は楽天トラベルで航空券付き宿泊ツアーを探しましたが、若干の予算オーバーだったためどうしようかと思いました。しかし、妻が私が探していた羽田発ではなく、成田発ならもっと安くなると見つけてくれて、2万円ほど安い事が分かりました。発着する空港によってこんなに違いがあるとは思わなかったのでびっくりです。北海道では海鮮を楽しみたいと思います。